新町名称 新町名称TOP


選定状況

平成15年11月12日
(第2回合併協議会)
☆新町名称は一般公募により募集を行い、合併協議会で決定するこ
  とを確認 
   現行町名の使用は『可』と確認

平成15年12月17日
(第3回合併協議会)
☆一般公募の募集要領を確認。 
   応募対象は、浜坂町か温泉町に住所を有する人で、1人2点ま
  で応募可能


   @募集期間は平成15年12月26日から平成16年1月13日まで
   A選考方法等を確認
   ・第1次、第2次選考の方法を決定
   ・作品ごとの応募数は選定の基準とせず参考にとどめることとす
    る

平成15年12月26日 ☆一般公募の受付開始
平成16年1月13日 ☆一般公募の受付終了
平成16年1月21日
(第4回合併協議会)
☆第1次選考を実施し、名称候補が5つに絞られる。 
  『浜坂』、『温泉』、『おんせん』、『湯の浜』、『湯の里』を選定

  @公募の集計結果を報告後、選考開始
    有効応募者数  1,136人
    有効応募件数  1,622件
    有効名称数     321点

  A第1次選考(第1回目)
    応募作品の中から各委員が2点以内を推薦し、集計の上、上
   位3点を選定。
    選定の結果、「浜坂(はまさか)」、「温泉(おんせん)」、「おん
   せん(おんせん)」
の3点が選定される。

【第1回目選定結果】
浜坂(はまさか) 10票
温泉(おんせん) 10票
おんせん(おんせん) 9票
浜坂温泉(はまさかおんせん) 8票
湯の里(ゆのさと) 1票
湯の浜(ゆのはま) 1票
温泉浜坂(おんせんはまさか) 1票

  B第1次選考(第2回目)
    協議の結果、第1回選定で決まった3点以外から、各委員が
  2点ずつ推薦し、集計の上、上位2点を選定することを確認。
   選定の結果、「湯の浜(ゆのはま)」、「湯の里(ゆのさと)」の2
  点が選定される。


【第2回目選定結果】
湯の浜(ゆのはま) 14票
湯の里(ゆのさと) 9票
浜坂温泉(はまさかおんせん) 7票
温泉浜坂(おんせんはまさか) 1票
湯の郷(ゆのさと) 1票
夢浜(ゆめはま) 1票
湯浜(ゆはま) 1票
夢千代(ゆめちよ) 1票
無効・白紙 5票

平成16年2月18日
(第5回合併協議会)
☆第4回合併協議会で選定された5候補の取扱いについて協議
  現行町名の取扱いを協議

    第2次選考にあたり協議。現行町名の取扱いや投票の仕方
  などを協議したが意見がまとまらなかったため、継続協議となっ
  た。

平成16年3月17日
(第6回合併協議会)
☆第2次選考を実施し、名称候補が2つに絞られる。
  『浜坂』、『温泉』を選定

  @第2次選考
   第1次選考で選ばれた5候補の中から、各委員が1点を推薦し、
  選定。
   選定の結果、「浜坂(はまさか)」、「温泉(おんせん)」、の2点が
  選定される。

【選定結果】
浜坂(はまさか) 10票
温泉(おんせん) 10票
おんせん(おんせん) 0票
湯の浜(ゆのはま) 0票
湯の里(ゆのさと) 0票

2つの名称候補となり、議論が平行線をたどったことから、松元
 議長から「第
3号委員が集まり1つの案を出してい ただいては
 どうか」との提案があり、
次回にこの提案について協議すること
 になる。



平成16年4月21日
(第7回合併協議会)
☆前回、議長から提案された「第3号委員が集まってひとつの案をだし
 ていただく」ことについて協議。
  第3号委員による話し合いを開催することを確認

    議長提案を基に会議の進め方を協議。
    協議の結果、今後の議論のきっかけづくりとして、次回の協議
  会までに
「第3号委員による話し合い」を開催し、その結果を踏
  まえて、今後の協議を進めることとなる。

               第7回会議録 PDFダウンロード

平成16年5月19日
(第8回合併協議会)

☆第3号委員による話し合いの結果が報告される。
  1号委員と2号委員で意見調整を図る話し合いを開催することになる

 3号委員による話し合いの座長を務めた中井登座長から「3号委
 員による話し合いには限界がある。2号委員に方向性を見いだす努
 力とその実行を要望したい」旨の報告があり、今後は1号委員と2
 号委員で意見調整を図る話し合いの場をもつこととなる。

               第8回会議録 PDFダウンロード

平成16年6月16日
(第9回合併協議会)

☆2町の町長、議長による会議が開催される
  会議結果については7月初旬の臨時協議会で中村会長から報告される
  こととなる


    1号委員と2号委員による調整会議の結果について、松元議長
  から、「名称選定についての進展はなく、方向性を見いだすには
  至らなかった」旨の報告がされる。

    その後の協議では、「2町の町長、議長に判断を委ねたい」と
  の意見があり、急きょ、休憩中に会議が開催される。この会議の
  結果については、次回の定例協議会までに臨時の協議会を開催し
  、その場で中村会長から報告されることとなる。

平成16年7月9日
(第10回合併協議会)

☆中村会長から2町の町長、議長による会議の結果が報告される。
  投票結果から新町の名称を確認

 2町の町長、議長による会議の結果について、中村会長から、
 新町の名称は「温泉町にすべき」との報告が行われる。この報告
 内容を会議に諮ったところ全会一致とならなかったため、信任す
 るかどうかについて投票が行われる。

【投票結果】  (欠席1)
信任 16票
不信任 3票

 投票の結果、会議運営規程に基づく出席委員の2/3以上の賛
 同が得られたので、新町の名称は『温泉町』と確認される。


戻る